なぜ小林哲也はすばらしいピアニストであるか。

若い頃でも、ピアノに来ると、既に驚くべき技術を披露している。 6 歳のとき、彼はすでに自分が将来何を望んでいるかを知っていて、彼が成長するまでこの情熱を続けていました。 16 歳のときは、すでにピアニストとしてデビューする準備ができていた。 彼がキャリアの早い段階で遭遇した複数の拒絶にもかかわらず、小谷橋哲也は彼の夢でしっかりした。

今日、音楽家になることを夢見た少年から有名な芸術家に、小林哲也は彼自身の決して自慢していないことを言った。 彼はまた忍耐なしで、彼が今あるところに得ることができないことを共有した。

小林哲也公式サイトでは、小林哲也のピアノの技を向上させるテクニックを学びます。 詳細については、以下のセクションを参照してください。

小林哲也 : よりよいピアニストになるためにヒント

すばらしいピアニストであることはハードワークの多くと来る。 誰も完全に生まれないが、練習し、揺るぎない決意を持っていることによってよりよいことができる。 ピアノを弾くとき小林哲也は技術をここにする :

通常の練習時間を設定します

ピアノでよりよくなりたいと思ったらあなたのスケジュールの練習のためのスペースを作成しなさい。 これはあなたの自由な時間の間にちょうど遊ぶときにと比較されるキー、音、等をより速く覚えるのを助ける。 ピアノを楽しみのためにしていても、増進する最もよい方法は規則的な練習の時間を置くことである。

学生でも大人でも、楽器の演奏に 1 ~ 2 時間以上の練習時間を設定して、数週間でどれだけ改善できるかを確認してください。 以前は、ピアノを一日中、一晩中練習して、オーディションやリサイタルの準備をしていました。 ピアニストになるのは簡単なことではありません。 但し、献呈の右の量と、時間の経過とともによりよいピアニストになることができる。

音楽シートを読む練習をしなさい

音楽シートをよく理解してください。 まだ遅い読者であるかどうかは問題ではありません。一貫して行う限り、自分自身が改善されていることがわかります。 学習プロセスの一部であるため、間違いを心配する必要はありません。 間違いなしに、改善する必要があるものを決して知らない。

小林哲也もミスをたくさんして、指導者たちにも手直しをしていた。 しかし、少年は夢を達成するのを妨げてはいなかった。 その代り、彼は彼がベッドに行き、再度読書音楽シートに目覚めなければならなかったときに音楽シートを読む。

また、音楽シートを読むことによって、コードを即興し、あなたの整理をすることができる。 曲のオリジナルコードをコピーする必要はありません。 それにねじれを与え、あらゆる部分をあなた専有物にすることができる。 また、デビュー前にも、これを行った。 彼は、高度な即興スキルを持って、ソニー・ミュージック・エンターテインメントの心をつかむことができました。

自分自身に挑戦してください

最も重要なことは、自分自身に挑戦することです あなた自身、あなたの情熱および生命で達成したいと思うものを理解する唯一の方法であるので、これがあなたの進歩を妨げている後退および間違いを許可してはいけない。 よりよいピアニストになり、今日 Tetsuya 小林の構成をしなさい !

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *