Profile

Tetsuya Kobayashi
小林哲也

キーボード・作曲・編曲・作詞・アレンジ・プロデュース

1980年生まれ
21歳からキーボーディストとしてプロ活動を開始、
数々のアーティストのライブサポート、レコーディングでミュージシャンとしての経験を積む。
近年では作編曲、作詞、プロデュース等を主軸とし、
アニメ劇伴、主題歌、挿入歌、ゲームBGM等、幅広いジャンルで
作品を手掛けている。

小林哲也 : 多才な芸術家

21 歳の若い頃からスタートした小林哲也は、音楽の世界での彼の卓越したスキルのために、町の話である。 アニメのテーマ曲やサウンドトラックの傑作をいくつか紹介しています。小林哲也公式サイトでは、音楽のマスターについて詳しくご紹介しています。

1980 年生まれ。子どもの頃から音楽に大きな関心を寄せてきた。 彼は最初に 6 歳でキーボードを持ち、専門のピアニストになるために訓練された。 音楽業界に入るという強い決意を持って、彼の夢は決して彼を失敗しなかった。彼は今有名なキボアルディス、作曲家、アレンジャー、リリコリストおよび生産者である。

また、先輩や他の批評家から賞賛された作曲や作曲の優れたスキルでも知られています。 小林哲也とその作品については、以下のセクションで詳しく知ることができます。 音楽のマスターがあなたを驚かせよう !

小林哲也 : 経歴と作品

履歴

彼の家族の誰も音楽に傾向があったけれども、この忍耐強い芸術家は彼の技術および決定の上にそれを作った。 彼はインタビューでピアノのための彼の情熱がテレビの器械をする芸術家のミュージックビデオを見たときに育った前に共有した。

子供として、音楽家になるためにあなた自身を支えることは堅い。 しかし、 6 歳の母親にキーボードを買ってもらい、楽器を学び練習できるようにした。 彼はまた改良するために別のピアノ研修会に行った。 年が経過すると、彼はプロのピアニストになることを期待して、多くの単一のピアノの競争に、いつか加わった。

同教授は、日本のさまざまな音楽エンターテインメント企業のために、 Avex Entertainment 、 Sony Music Entertainment 、 Inc. 、 Konami Digital Entertainment Co. 、 Ltd などのオーディションを受けた。 最後に、ソニー・ミュージック・エンターテインメント社のオーディションの準備段階を通過したときに、彼の輝きを放つ瞬間が訪れました。

少年はオーディションの 3 段階を過ぎてから受け入れられ、 16 歳の時にプロのアーティストになるように訓練されました。 トレーニング中も、学校で授業を受けたことがないことを確認しました。 彼は忙しいスケジュールにもかかわらず、クラスのエースだった。 学校を卒業したばかりのことは、アーティストになるためにすでにトレーニングを受けていたとしても、今でも最優先事項の 1 つだと、哲也氏は話した。

デビュー前はすでに高校を卒業しており、優等で卒業していた。 仕事や学校をうまくこなして睡眠をとることで、どのくらいの睡眠をとるかを尋ねられたとき、彼は毎日 3 ~ 4 時間の睡眠しか得られなかったと答えました。 彼は5時間以上も余裕があれば十分に幸運だ。

また、「特に若いので、とても難しかった。 今は私のジュニアと同じですが、夢を追求するための十分な決意を持っていると、不可能なことはありません」

キャリアの始まり

集中訓練を受けて 5 年が経過した後、 2001 年には音楽家としてデビューした。 彼は彼のすばらしい技術を展示するために複数のショー、コマーシャルおよびピアノ競争で現われた。 彼はメディアによって彼の年齢の「天才ピアニスト」として決められた。 年間表彰式では、年末までに複数の賞を受賞しています。

2003 年、千葉佐恵子のヒットアルバム「メロディ」のキーボアルディスト。 これにより、国民の間でより多くの認識を得、その年には、キタデナナナナによる「ケセナイツミ」の創作に参加することができました。

一方、 2004 年に千葉佐恵子の新作アルバム『 Everything 』に加わり、共同アーティストの佐藤恭一、赤木理恵、馬場和義などと一緒に公演した。 また、トラックリストの 10 番目の曲「 Rosemary Story 」のキーボードも担当していました。

2005-2008

翌年、小松美穂さんが、同じアーティストの「 I Just Wanna Hold You Tight 」を構成し、アレンジしました。 その後、オガーとデイトラックとともにプロデューサーとして、『きらきら輝くポイント』のアルバム『マイ日アドベンチャー』の制作に参加しました。

また、柴田俊文、大瀧裕子、野子、日渡直孝と、北出奈々のアルバム『金石の水』で演奏した。 彼は第 2 トラックの「私を呼んだ」と資格を与えられたピアノを担当していた。

2008 年、ブオノのヒットアルバムの構成チームに加わりました。 「 Ren 」というタイトルの「 Rai Rider 」。 第 2 トラック「 Ja Nakya Mottaina! 」の作曲家 ブオノ! また、アルバムの別バージョンもリリースし、小林哲也も作曲家の一人だった。

2009 ~ 2012 年

2009 年には人気が高まったため、「クローズドセッションプレビュー版」と題したインディーズアルバムと、石井裕也との最終版をアレンジしました。 その後、彼はキャノンと一緒に一流の作曲家の 1 つとして Tane によってアルバム「 no3b 」の生産に再度加わった。 彼はアルバムの最初のトラック「終止主題」を構成した。 Tane の別のバージョンの「 no3b 」もリリースされ、そこで彼は「 Ending theme 」という曲の作曲者でもありました。

複数のアーティストと仕事をした小林哲也は、アニメのテーマ曲を作り始めた。 彼はアルバムの歌の整理で加わった、「赤坂 Blitz の Persona 音楽生きている Velvetroom 」。

その年には、同じ名前のアニメの公式サウンドトラック「パレット – 人々が愛したゲンソギョ」の制作にも関わっていました。 彼はアルバムのアレンジャーの 1 才であり、第 2 から第 11 歌を整理した。

ファンからの大きな注目を集めた‘ペルソナ・ミュージック・ライブ’として、 2010 年には、小林哲也が再び参加できるようになったシーズン 2 がリリースされました。 彼は 29 曲の主なアレンジャーであり、キーボアルディストでした。 また、クローズドセッションのシーズン 2 も、 ZUN とともにリード作曲家として、同年にリリースされました。 キーボードと音も担当していたのは塚本志人、浜口隆本氏

2014 ~ 2016 年

小林哲也はアレンジと構成に秀でているだけでなく、 Inuneko ジュークボックスのソングライティングにも参加しました。 彼は、リードリサイリスト、作曲家、アレンジャーでした。

2013 年には、『ペルソナ・ミュージック・フェスティバル』のもう 1 シーズンがリリースされました。日本武道館では、黒田元弘、佐藤大輔、原田智成、 MIZ 、 DJ ワカ、田中雄一郎、田中礼子、ロータスジュース、小森茂雄の演奏を行いました。

9 月には、金井俊樹と平田志保子とともに、「ペルソナ 4 -ゴールデンアニメーション特別アレンジ CD 」の公式サウンドトラックのアレンジに参加しました。 彼はキーボードも担当していた。

翌年、ペルソナ 4 は 2 シーズン目、鉄矢は曲の構成、アレンジ、パフォーマンスに貢献しました。 公式サウンドトラックは日本語と英語で提供されています。

Tetsuya とのインタビューの間に、彼は彼が彼に彼がよりよい音楽家になりたいと思う彼が答えた叙情詩を書くことに彼を今回投機したものを尋ねられた。 作曲家として自分を制限するのではなく、自分の感情を言葉で表現したいのです」

音楽への愛情のため、 21 歳の時にデビューした少年は、日本で最も尊敬されるアーティストの 1 人となり、毎年数々の賞を受賞しています。 プロジェクトの成功後、彼は作曲家、アレンジャー、リリコリストとして「ペルソナ 3 ザムービー #2 ミッドサマーナイトのドリームサウンドトラック CD 」に新たな役割を果たしました。

また、『ガンスリンガー・ストラトス – ザ・アニメーション – オリジナルサウンドトラック Vol. 2 』の公式サウンドトラックに、アレンジャーや作曲家のリストを加えた。 アルバムは英語と日本語でも入手できます。

『ペルソナ 3 ザムービー』は、 2016 年に第 3 シーズンをリリースしました。そこでは、作曲家やアレンジャーの 1 人として、鉄矢が活躍しました。 アルバムには 13 曲が収録されており、小林哲也は映画中に何度も演奏された「ワン・判別」、「獣の山」、「蝶の山」を担当していました。

さらに作曲家・アレンジャーとして「白根子プロジェクトオリジナルサウンドトラック 1 」の制作にも参加しました。 同プロジェクトの第 2 巻サウンドトラックにも参加し、深川志田さん、丸山哲夫さん、加来幸子さん、徳永昭二さん、サウンドグループさん、 G アングルさんとともに、 33 曲の構成とアレンジを担当しました。

ペルソナ 3 の第 3 シーズンがリリースされた後、 2016 年第 4 四半期には第 4 シーズンがリリースされ、そこでは、作曲家としても、また、公式サウンドトラックのアレンジャーとしても活躍しました。