ピアノ初心者のための演奏の

学ぶことは、友人や家族と共有できる興味深いスキルになる可能性のあるエキサイティングな音楽ベンチャーです。しかし、ピアノの習得は練習と決意が必要なため簡単ではありません。 

幸いなことに、継続的なトレーニングと献身により、ピアノのスキルを磨くことができます。ですから、音楽のスキルを向上させることに興味がある場合は、小林哲也からのヒントをいくつか紹介し 

ます。耳を鍛えるます。 

プロのピアノメンターは、曲を聴くときは常に「耳」を持つように生徒に教え曲のリズム。初心者の場合は、耳を調整して、学習したい曲のさまざまな進行に耳を傾けてください。このスキルを習得すると、タイミング、リズム、テクスチャをよく理解するのに役立ちます。  

キーに過度の圧力をかけないでください 

アマチュアプレーヤーによる最も一般的な間違いの1つは、演奏中にキーに過度の圧力をかけることです。ピアノ自体にダメージを与えるだけでなく、これを行うと、曲を台無しにする耳障りな音が発生します。これを回避するには、キーを押すのではなく、キーをそっと滑らせます。さらに、手をリラックスさせて、過度の圧力をかけないようにします。 

リズム保つリズム 

を安定したを持つことは、ピアノを弾く上で最も重要な要素の1つです。 連続リズムが耳に喜ばれているノートの円滑な流れを作成します。これをマスターするには、演奏したい曲、特に聞いてください 音符と和音の進行を。 

弾いている曲を聞く弾く 

ピアノをときは、学びたい曲も聞くことが重要です。、コードを学ぶだけでは十分ではありません リスナーのスムーズな進行を作成するには、各音符のタイミングをマスターする必要があるため。あなたができることの一つは、あなたが音符の流れを感じることができるように、何度もその曲を聞くことです。  

精度が  

速度を上回るピアノを弾くとき、人々は精度よりも速度を優先するという間違いを犯します。これをしないでください。音符の正確さは、あなたが演奏している曲を耳に心地よくさせるものです。正しいキーとメモを押すことはスピードよりも重要であることを忘れないでください。 

一度に1つのセクションに焦点を合わせる 

アマチュアピアノ奏者の場合、一度にすべてを学ぶのではなく、演奏している曲の1つのセクションに焦点を合わせるのが最善です。最初に1つのセクションだけに焦点を合わせると、コード、曲、タイミングを吸収するのがはるかに簡単になります。叩きたい音符をすべてマスターするまで、上に向かって進みます。 

練習、練習、練習 

ピアノ奏者であることは一夜にして起こりません。あなたは自分の技術に専念し、遊ぶ時間を作るようにする必要があります。進捗状況を定期的に追跡できるスケジュールを作成します。