小林哲也:ピアノを習うのはどれくらい難しいですか?

小林哲也:ピアノを習うのはどれくらい難しいですか?

ピアノは最も主流の楽器の1つです。 18世紀初頭にバルトロメオクリストフォリによって発明されたと言われています。この楽器には、数百年にわたる豊かな歴史があります。今日、ピアノは音楽および映画産業において重要な役割を果たしています。ミュージシャンはこの楽器で美しい曲を演奏するのが大好きです。あなたが初心者であろうと初心者であろうと、あなたは間違いなくピアノとそれを演奏する方法についてもっと学ぶことができます。ピアノを弾くことについて知っておくべきいくつかのことを見:ピアノを弾く 

  1. てくださいあなたは自分で学ぶことができますことを学ぶこと

の素晴らしいところはあなたが自分で学ぶことができるということです。学習本を購入するか、オンラインで検索できます。しかし、専門家は、教師と一緒に学ぶ方が良いと示唆しています。あなたは専門家によって訓練されるだけでなく、あなたはより多くのことを学ぶでしょう。ピアノの先生は、適切な指の配置、姿勢、手の位置を教えてくれます。専門家もあなたの間違いに気づき、あなたがそれらを修正するのを手伝います。

  1. 献身と労働倫理が必要ですと
    他のスキル同じように、ピアノを弾くことを学ぶには献身が必要です。専門家はあなたが頻繁にプレーすることを提案します。優れた労働倫理は、より迅速に学び、情報を効果的に保持するのに役立ちます。あなたの技術と一致していれば、あなたは報われるでしょう。延期し続けると、ピアノを弾くという夢は実現しにくくなります。練習は長くする必要はありませんが、時間をかける必要があります。
  2. 高品質のキーボードまたはピアノに投資するキーボードまたはピアノの
    購入は高額になる可能性があります。一部の人々はより少ないお金を使うためにローエンドのカウンターパートを購入します。これは、長期的には問題を引き起こす可能性があります。安価なキーボードやピアノは簡単に壊れてしまいます。ボタンはオフキーに聞こえることがあり、学習するのに苦労します。ピアニストは、貧弱な機器が貧弱な結果につながることを証明しています。
     
  3. 新しいテクニックを
    受け入れるピアノは技術的な楽器です。音符を覚えて、楽譜の読み方を学ぶ必要があります。これらのテクニックを学ぶことにオープンになり、そうしている間は辛抱強く待ってください。音符や音階を覚えるのは難しいかもしれませんが、あなたは改善するでしょう。プロセスを信頼し、スキルを磨きます。
  4. 音楽的なバックグラウンドは必要ありません。
    誰でもピアノを弾き始めることができます。あなたは何もないところから始めますが、最終的には専門家になることができます。他人に脅かされたり、自分のペースで学んだりしないでください。あなたが音楽的なバックグラウンドを持っていなくても、それはあなたが演奏するのを止めることはありません。あなたがクラフトに専念している限り、あなたは良くなるでしょう。 

小林について小林

哲也哲也は日本の作曲家兼作詞家です。小林は1980年生まれ、21歳でピアノ奏者としてのキャリアをスタート。徐々にプロ奏者、作曲家としての経験を積む。それ以来、彼はアニメのドラマ音楽、映画のテーマソング、さらにはゲームのバックグラウンドミュージックを扱い始めました。彼はオリジナルの作曲、アレンジ、歌詞の作成に長けています。